相見積もりにサヨナラ!?駆け引きしないパートナーの見つけ方

職人Nさんが手がけた内装

ども!ぴーすけです。まだ見ぬ不動産の扉を開けたくて、このブログを始めました。今回の投稿では、この世界に携わるきっかけになった築古アパートの再生物語をお届けしてみたいと思います。よろしければ、お付き合い下さい。

なぜ修繕工事の費用はピンキリなのか?根本原因を考える

賃貸経営を行う上で欠かせないのが、リフォームやリノベーションを行う工務店や施工会社との付き合いです。彼らはその道の専門家であって、本来は大家さんにとっての頼もしい味方です。他方、「リフォーム業者に騙された!」、「散々ぼったくられた挙句、いざ蓋を開けてみたら不具合だらけ…」といった声も頻繁に見聞きします。オーナーが支払う金額が不必要に高くなる背景としては、たとえば次のような理由が挙げられます。

  • 大手に依頼したために、実際の現場を担うまでに下請け→孫請け…と複数の会社が関わってしまい、その度にマージンが上乗せされている
  • 管理会社を経由して修繕工事を依頼をした場合に、オーナーと施工会社をつなぐだけの管理会社が手数料を上乗せしている
  • 施工担当業者が(ある意味)やり手で、工事期間や人工、材料費などを水増しして請求している

ここで考えたいのが、こうした様態が「当たり前」になっている根本的な原因です。

結論から書くと、賃貸不動産を所有する側の勉強不足が最大の理由だと、僕は考えています。日本は世界的に見ても地主の多い国で、東京だけでも土地所有者の数は110万人に上ると言われています(分譲マンションの区分所有者を除く)。仮に、このうちの半分が不動産のことを真剣に考えていないとすれば、相手をする側にとっては、与し易い相手になりますよね。で、残念ながら、実態はそんな感じと言わざるを得ない。中には、たまたま巡り合わせで地主になった善良な方々も多いことは理解していますが、大きなお金の動く世界って、やっぱり魑魅魍魎だし、弱肉強食なんですね。

相見積もり=賢い選択、の発想を超える

こうした中で、「自分の頭で考える」タイプのオーナーが広く喧伝していることは「相見積もりを取ること」です。たしかに商習慣としても妥当です。でも、本当でしょうか?

賃貸経営に限らず、相見積もりには2つの弊害があると考えています。1つは、見積りを作成し、結果的に失注した個人や法人にとっては、ただ「時間」のロスだけが発生する点。もう1つは、値段という数字が先行して、「質」が見えにくくなる点。たとえば「クロス貼り替え」という項目があったとして、継ぎ目の綺麗さなどは担当者によって本当にピンキリです。そして、職人さん達は基本的に口下手なので、腕の良い外注先ほど、そうした細部についてのプレゼンが不得手、という傾向もあります。そのため、相見積もりを取る、というのは松竹梅で言えば「竹」レベルのソリューションと位置づけられる気がします。

「この人に騙されたら仕方ない」と思えるパートナーを見つける

では、他にどんな考え方があるか?

僕としては、専属の職人さんや工務店さんを決めてしまう方法が1番ではないか?と考えています。様々な相手と付き合ってみて、「この人(会社)に騙されたら仕方ない」と思える関係が作れたならば、あとは信じるのみ。至ってシンプルです。

もちろん、選定に当たっての前提条件はあります。

  • そもそも腕が良い相手であること
  • 一人親方や小規模な工務店と直接やりとりすること
  • 楽しく世間話ができる相手であること

いざ専属パートナーを決めてみると、中には、先方が守備範囲外の業務が発生することもありますが、その場合も「類は友を呼ぶ」発想で、お友達や仲間を紹介して貰うことで、大概は解決可能です。

実際「アカツキ」についても、ある時から人柄が良くて腕の立つNさんに一任して、困ったことがあれば真っ先に連絡するようになりました。それで、少なくとも今のところ上手く回っています。思えばNさんとは色んな思い出があります。意外と印象深かったのは、19年末の味の素スタジアムにて、FC東京vs浦和レッズの試合を共に観戦したこと。お互いにサッカー好きということもあって実現した機会でしたが、それ以上にビールが進んだせいで、交替でトイレに立ってばかりだった記憶が残っています(笑)ちょっと本筋から逸れたかもしれませんが、そのくらい密な付き合いができることは、目指す形の1つかもしれません。

それでは、今回はここまで。また書きますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ