不動産投資家と賃貸経営者の違い、答えられますか?

某書店の不動産投資コーナー

ども!ぴーすけです。まだ見ぬ不動産の扉を開けたくて、このブログを始めました。2017年から賃貸経営・不動産投資を始めて、正しい知識と考え方でやれば、勝率高く取り組めることを実感する日々です。そのためにも、常に勉強!今回の記事では、その一端をシェアしたいと思います。良かったら、お付き合い下さい。

アパート相続直後、自己紹介に悩む。ひとまずの回答は?

不動産の世界に携わるようになって迷ったことの一つが、「これは『投資』なのか?、それとも『経営』なのか?」という点です。泥縄式に勉強していた当初、やはり目についたのは「不動産投資」と題した情報でしたが、中には賃貸経営と銘打ったものも多く、混乱しました。「不動産投資は事業である。」といったフレーズも、よく見かけますよね。ここに、「大家さん」や「オーナー」といった言葉も加わってくるので、正直言って困りました。深刻に捉えるのは少数派だろうとは思いましたが、自分がやってることを正確に分かっておくのは大切なことだとも考えていました。

ひとまず相続した木造アパートを再生している段階で、人からやってることを聞かれた時には「大家さんやってます」とか、「賃貸経営の実践修行中です」とか答えていました。基本的には、お客さん目線に立ちニーズに応えることを第一に考えていたこともあって、やはり事業を営んでいる感覚が強かったですしね。

(あと、たかだか?アパート一棟で「不動産投資家です!」と答えるのも気恥ずかしい感じがしました。笑)

ちなみに今回の記事を執筆するに当たって、改めて国語辞典で「投資」と「経営」の説明を確認してみました。

投資 「利益を得る目的で、事業に資金を投下すること。出資。」

経営「継続的・計画的に事業を遂行すること。会社・商業など経済活動を運営すること。」

いずれも出典は広辞苑

大方予想していた通りでしたし、自分が経営という言葉から始めたのは正解だったと確認できて、ホッと一安心です。

不動産特有の仕組みが、理解しがたさを生むのでは?

他の業種と比べて、「不動産って変わってるなあ」と感じる点があります。それは、賃貸物件を所有していると「家賃」という売上があり、いざ物件を手放すと決めた際にも、上手く売却できれば利益が上がる、という性質です。つまり、持ってるだけでもお金を生むし、売買でもビジネスが成り立つわけです。これが、たとえば「株」だと、持ってるだけで得られるのは配当がメインということになって、やはり売買を行って初めて利益(損失)が確定する仕組みになります。一方で、他のサービス業を考えてみると、基本的には一つ一つの商いを積み重ねて売上を作っていくことになります。

(と書いてきて、オーナーとして会社を所有して、適宜M&Aなどを行うことを生業にすれば、不動産業と似た形になると気づきました。)

ちなみに、毎月の家賃収入のことは「インカムゲイン」、売買で得られる儲けのことは「キャピタルゲイン」と言います。不動産に少しでも詳しい方にとっては、釈迦に説法ですね。

さて、考えてみると、「一つのビジネスでインカムゲインとキャピタルゲインの両方が得られる」という特性が、不動産に対しての理解を複雑かつ分かりにくくしているようです。すなわち、前者は「経営」の要素が強い一方で、後者は「投資」の性格が強くなります。この一連のプロセスにおいて、どの部分を切り取るかによって、使われる言葉が自ずと変わるのは納得できると思います。

賃貸経営をしたいのか?不動産投資をしたいのか?を決めておくのは当事者の責任

不動産に携わる者としては、少なくとも自分がインカムゲイン(賃料収入)で稼ぎたいのか?、それともキャピタルゲイン(売却益)で稼ぎたいのか?、あるいは両方なのか?は明確にしておきたいものです。

僕の場合、自己紹介にも書いているように、「日本の気候風土に合った木造のアパートを3棟ほど運営する」ことが目的の1つですから、やはり経営者・事業家としての性格が強いです。一方で、その目的を成し遂げるためには、ある程度のまとまったお金は必要ですし、せっかく不動産業の世界に身を置いたからには、一つ「極めたい」という思いもあります。ですから、投資家としての自分も、徐々に育てていきたいと思うようになっています。

ちなみに、最近読んだ中で、『現役融資担当者がかたる 最強の不動産投資法』という本が抜群に面白かったです(なんで「語る」が平仮名なのか?は気になるポイントです)。この中で、「銀行に対して『投資』という言葉はNGワード」という記載があって、妙に納得しました。実態はともかく、銀行の本分は事業に対する間接金融ですもんね。結果論ですが、相続したアパートの再生を愚直にがんばったことは、最初の一歩として正解だったのでしょう。

あとは保有する2棟の満室経営を続ける中で、虎視眈眈と「次」に備えて、研鑽に励むに限ります。勉強という意味では、こうしてブログでのアウトプットを始めて、飛躍的に学びが広がるのを実感しています。「読んでるよ~」と声をかけて下さるのが、何よりの励みになってます。引き続き、アップデートを怠らず、広く深い情報をお届けしていきたいと思いますので、是非お付き合い下さい。

それでは、今回はここまで。また書きますね!

参考:

ぺんたの法人の収益構造 ~インカムゲインとキャピタルゲイン~

「不動産投資」と「賃貸経営」は“似て非なるもの”?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。