人口増で噂の流山市、「25,000歩」歩いて体感してきました!

流山駅のプラットホーム

ども!ぴーすけです。まだ見ぬ不動産の扉を開けたくて、このブログを始めました。生まれ育った東京メインで活動してますが、少しでも「日本のリアル」を五感で経験せねばと、常に危機感でいっぱいです。今回の記事は、そうした体験の一端を基に書かせて貰います。

千葉県東葛エリア視察ツアー2020

少し前、「東京至近なのに『実は』高難易度の千葉県で不動産投資をやるなら?」と題した記事を投稿しました。その際「結論は現地視察の後で!」と結びました。実践すべく、早速プチ出張を組んで足を伸ばしてきましたので、その模様を2回に分けてお届けしますね。

まず、今回のスケジュールは次のような感じで組みました。

  • 0日目 朝から晩まで二子玉川の個別指導塾で授業→夜21時頃に千葉に到着
  • 1日目 流山市を中心に現地を視察
  • 2日目 習志野市と松戸市にて、千葉県内で実績のある不動産会社2つと面談

期間中の滞在場所に選んだのは、柏駅から徒歩5分くらいの場所にある「ザ・クレストホテル柏」。帝国ホテルのグループということで、大きくは外さないかな、と。思った通り、快適というか、マイナス面を感じることない投宿体験ができました。

クレストホテル14階からの眺望

初日を流山市に割いたのは、千葉県内で人口増が見込まれる4市(流山・印西・浦安・木更津)のうち、最も話題性があって、魅力的に映ったからです。

反対に、他の市を落とした理由を参考までに書くと、

  • 印西市:人口増の理由がニュータウン開発→ファミリー層ターゲットが鮮明
  • 浦安市:ただでさえ狭い市の面積のうち1/3が夢の国に占められてる→土地探しが大変なのでは?、前に新浦安に行った時に感じた治安の悪さ…
  • 木更津市:東京からの距離(車を運転しないので特に)、木更津キャッツアイのイメージ

といった具合です。相変わらず、かなり好き嫌いで選んでますね。。

それでは、初日に流山市を散策したレポートと、それで感じたことや決まったことを書いてみます!

流山市内を(割と)くまなく散策した現地レポ

初日は7時に起床して、流山市内を中心に、みっちり自分の目と足で生データを蓄えました。行程は次の通りで、主に4つの駅を拠点にして、付近を巡りました。

  1. 「流山おおたかの森」駅
  2. 「流山セントラルパーク」駅
  3. 「南流山」駅
  4. 「流山」駅

(今日の記事、「流山」って何回書くんだろう…)

「1」は、まさに流山市における新都市計画の中心です。駅前に分譲マンションが林立してる状況で、人工的に作られた街という感じが強かったです、

そのためか、現地を歩いてみると、全く「匂い」を刺激する要素がなくて、ちょっと不安になる不思議な街でした。似てるイメージとしては、筑波学術研究都市かな。現地を来訪して分かる一次情報は貴重です。

開発が進む流山おおたかの森
開発が進む「流山おおたかの森」駅付近

なお、駅前はスターツの影響力が強かったです。思い返すと東葛エリアでピタットハウスを沢山見かけたので、この辺りに強いのかもしれません。割と高級賃貸寄りのイメージがあるブランドなので、意外でした。

「2」は、駅名の通り市民公園が主役の街です。ここは、流石に規模が小さ過ぎました。駅から徒歩5分圏内で供給されているアパート・マンションが主に3階建て以上で、ここで賃貸需要のほとんどが吸収されている気がしました。でも、もし流山エリアで自分が住むならこの街かな!と思いました。

「3」は、JR武蔵野線も乗り入れている駅で、雑多な感じは「流山」と名前の付く駅の中では最も賃貸経営向きかと思いました。駅近にも築古物件があって、ボロボロで空室だらけの一棟アパートを再生して売却するのであれば、買い手を見つけやすそうなエリアかもしれません。ただ、数年でもお付き合いをする街には、もう少し「文化」を求めたいものです。

そして「4」。つくばエクスプレスの駅がある「1」~「3」に比べると(更に)僻地にあります。でも、駅名の通り?、市役所があるのはこの場所です。まさに、行って驚くローカル感でした!流山駅から馬橋駅を結ぶ流鉄流山線は、線路自体が5.7kmしかなくて、成人男性の足であれば1時間ちょっとで端から端まで歩けます。キャッシュリッチなら、個人でも夢の!?沿線開発ができそうなスケール感です。

足を棒にしたからこそ決められる「やらないこと」

実は今回の千葉視察は「諦める」ことが目的の7割でした。東京を縄張りにして賃貸経営や不動産投資をしていると、たまには地方にも目移りします。それで、自身の有限な時間を「誘惑」に駆られて浪費しないように…と先手を打ったのが、今回のツアーの位置づけでもありました。

仮に東京都以外で取り組む場合、現地への通いやすさを考えると現実的なのは1都3県になります。その中で、埼玉県はとにかく苦手で、自然と候補からは外れます。今回の来訪で千葉県に見切りをつけられたら、残るは神奈川県くらい、となります。

それで、初日は目論見通りに進みました。千葉県の辛いところの1つは「ならではもの」が見えづらいことなのかもしれません。きっと、探せばあるのだと思います。でも、こと賃貸経営に向いたエリアを探すと、東京のベッドタウン色が強くなってきて、ここに住みたい!と感じている人に住居を提供できているのか?との気持ちが拭えなくなります。

なお、副産物もありました。それは、大学生活や仕事をきっかけに都内へ越してくる若者が、学生時代をどんな空気の中で過ごすのか?を久しぶりに体感できたことです。これ、忘れがちですが大切な点だと思っています。何を提供したら満足して貰えるか?の羅針盤になりますしね。

それにしても、よく歩きました!

25,000歩!

それでは、今回はここまで。また書きますね!

参考:

流山市でサテライトオフィスの事業を立ち上げた女性起業家のインタビュー記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。